利用限度額と金利の関係についての体験談

何かと出費が嵩む年末年始。私の懐事情も厳しいものとなっていました。妻子はおらず、親も他界している私にとって、頼れるのは自分だけです。なので、この時期は一番気を引き締めてお金の管理をしなければならない時期なのです。
堅実な生活を心がけ、先日、ついに念願だったマイカーを購入しました。今思うとこれが全ての元凶だったと思います。年末年始で出費が嵩むとはいえ、即金で買ってもとりあえずは凌げるだろうと思っていました。しかし現実は甘くなく、思っていた以上の度重なる出費に、ついには食事すらままならない極貧生活を味わう羽目になってしまいました。給料が入る25日までが勝負だ、と思っていたのですが、飲まず食わずで過ごすことは、やはり体にはこたえて、どうしようもなくなってしまったので、一時的にお金を借りることにしたのです。
一番評判が良く、分かりやすいキャッシングを使おうと思い、ネットで検索してみると、三菱東京UFJ銀行が行っている「バンクイック」が良い、との記事を見つけました。なので、バンクイックの詳細も調べてみることに。綿密に調べてみると、バンクイックは、その金利が魅力であるとのことでした。他のカードローンと比較したらどのくらい違うのか気になったので、そちらも調べてみることに・・・。すると、他消費者金融の金利(年利約18%)に比べて格段に低いではないですか。バンクイックでは、利用限度額10万円以上50万円以下の場合、金利は14.6%に設定されています。審査や返済に関する利便性も他社と比較して遜色ない模様。それに三菱東京UFJ銀行という名前を信じて、私はここでお金を一時的に借りようと決心しました。
ネットを使って審査の申請をしたところ、すぐに審査結果の連絡が入りました。おそらく1時間もかかっていなかったと思います。翌日、テレビ窓口にて契約をし、カードを受け取りました。お金を借りて一番最初にしたことは、外食でした。節約中には自炊して、外食は長らくしてなかったのですが、久々に人間らしい食事ができると思い、足早にラーメン屋に向かうことにしたのです。
バンクイックを使って、本当に助かりました。私の場合、初めてだったこともあるのか、利用限度額が一番低く、金利もバンクイックの中では一番高い金利でしたが、それでも急場を凌ぐためならば喜んで払える、最適な金利だと思いました。できるだけ無いようにはしたいのですが、これからも本当に厳しい経済状況の時には、またお世話になると思います。