バンクイックの利用限度額を説明し、魅力に迫る。

キャッシングに関するテレビコマーシャルや、ウェブ上のバナー広告等で、「金利○○%〜○○○%」という表示がされていることがあります。その広告を見た時に、「なぜ金利は変動するのか」という疑問を持ったことはないでしょうか。その秘密には利用限度額が関係しています。
カードローンのサービスを利用するにあたり、最初に皆様がしなければならないことは、審査を通過しなければならないということです。審査では、融資希望金額や返済能力等、様々なことを聞かれます。聞き出した情報に、信用情報機関からの情報を加味した上で融資するかどうかが検討される、これが審査です。そしてこの審査が通って初めて皆様はサービスを受けられる権利を得ることになるのです。
審査も無事に通り、契約する時には、利用者それぞれに利用限度額が設定されます。皆様の融資希望金額を聞き、サービス提供側(バンクイックならば三菱東京UFJ銀行)が、この利用限度額を設定するわけです。そして、設定された限度額に応じて金利が設定されます。
バンクイックの場合、最大の利用限度額が500万円の年利4.6%で金利は一番安く、一番高い金利を見ますと、利用限度額10万円以上50万円以下の年利14.6%です。広告への表示が「金利○○%〜○○○%」となる理由が、これでわかったと思います。
貸し手はできるだけ高い金利でお金を融資したいわけですので、この仕組みが分かると、自分から申し出ないと利用限度額は上がらないのではないか、と、想像できると思います。
その通りです。
他のカードローンでは貸し手自ら利用限度額を上げる相談を持ちかけるものもあるようですが、多くの場合、そしてバンクイックでも、サービス利用者が自分から相談を持ちかけなければ利用限度額は変わりません。
ではバンクイックは、何を見て利用限度額のアップを判断するのか。
ずばり、信用です。初めてキャッシングを利用する人は貸し手側から見てみれば、「これまで融資を受けたことがなくて、期日通りに決められた金額をきちんと返してくれるかは分からない。」という印象です。一番印象が良い人は、「これまで融資を受けたことがあり、かつ、返済を滞りなくしている人」です。つまり、これまでの実績を判断材料にした方が、貸し手側からしてみれば、確実に儲かることができる、という判断なのです。ここまで分かると、限度額アップに必要なことが分かると思います。利用者が遅延も不足も無くきちんと返済をし、利用者から相談を持ちかけなければならない、ということです。