提供会社であるアコムの業務と、バンクイックの関係についての説明文

銀行系のカードローン、バンクイック。三菱東京UFJ銀行の公式ホームページのバンクイック取扱い説明書を読むと、担保や保証人は不要との記載があります。それと同時に注意書きに小さな文字で、提供会社であるアコム株式会社の保証をもらうから、保証人は必要ありません、との記載があります。他にも、バンクイックの公式ホームページを提供会社として消費者金融であるアコムの名前がちらほら見えます。銀行系のカードローンなのに、なぜ消費者金融の名前が出てくるのでしょうか。
あまり知られてはいませんが、アコムは三菱東京UFJ銀行のグループ会社です。消費者金融として広く名を知られているアコム。アコムの持つ経営ノウハウを使うことで、UFJ銀行はバンクイックという低金利カードローンサービスを提供しているのです。
このことから想像できるかもしれませんが、バンクイックの審査はアコムが行っています。したがって、過去にアコムの審査が通っている利用者に関しては、このバンクイックでも審査が通りやすいと言えます。そして、過去にアコムでキャッシングした際に、遅延やその他の問題を起こしてしまった方に関しては、バンクイックの審査には通りにくいことが想像されます。
提供会社であるアコムのバンクイックへの関与は、審査業務の他にもあります。それは、返済業務です。
例えば、バンクイックの返済が滞ってしまったとします。その場合、アコムがUFJ銀行に対し支払いを肩代わりすることになっていて、それ以降の利用者への返済要求は、バンクイックからではなく、提供会社のアコムから行われるという制度になっております。問題が発生した場合の債権は、バンクイックから提供会社アコムに移されてしまう点に注意が必要です。
返済業務、審査業務共にアコムが行っているならば、アコムのキャッシングを利用するのと同じことだと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうでもありません。
総量規制という言葉をご存知でしょうか。消費者金融から融資を受ける場合、その融資額は利用者の年収の3分の1を超えてはならない、という制度です。この制度がある以上、消費者金融は多額の融資ができない、という点がネックなのです。バンクイックも含む銀行系のカードローンの場合、総量規制を受けませんので、利用者の年収がいくらだろうと関係無く融資ができるのです。
バンクイックを利用しても、きっちりと返済をしていれば、提供会社のアコムから返済要求をされるわけではありません。バンクイックで良い顔をするのがUFJ銀行、バンクイックの尻拭いをするのがアコムといった感覚でしょうか?