ATMでの返済時のお話です。その利便性に迫る文章になっています。

私がバンクイックで急場を凌いでから一週間。やっとのことで給料日を迎えることができました。私は誰かからお金を借りることを好まないのですが、今回は本当にしかたなく借りることにしたのです。私がなぜバンクイックでキャッシングをすることにしたのか。それは、返済方法と深く関わりがあります。バンクイックでは、金利の低さの他にも魅力的なセールスポイントがあるのです。その魅力とは、セブン銀行他、コンビニのATMで返済が可能という点です。
私は借金はしたくない主義で、これまでクレジットカードを作ったこともありませんし、車もローンを組まずに購入したほどです。借金の金利ほど馬鹿らしく思えるものは私にはありません。なので、必要最低限だけ借りて、給料が入ったら即座に返すつもりでいたのです。その時の給料日は休日ではなかったので、仕事終わりか、仕事の合間にでも時間を見て返そうと思って、バンクイックを利用することに決めたのです。
バンクイックではセブン銀行を始めとするさまざまなコンビニATMで返済が可能でした。これが私にとって大きな魅力です。仕事が終わる頃には銀行はもう受付時間を終了していますし、そうなれば次の休日まで返済を待つことになり、また、その分の金利も発生してしまうからです。
給料日、私は仕事をさっさと片付けて、帰宅時に仕事場から最寄のセブンイレブンに駆け込み、無事返済を完了させることができました。ATMの操作はとても簡単だったのが印象的です。
返済時ふと考えたことがあります。それは、カードさえ作ってしまえば返済と同様、簡単にATMから借りれるんだろうなぁ、ということです。ATMを操作するだけで貸し借りが簡単にできる時代だからこそ、自己資金の管理には注意が必要なんだな、と感じました。キャッシングは自分の返せる範囲内で、必要な時にだけ必要な分だけ、これが鉄則です。
おそらく一生使うことは無いであろうバンクイックのカード。ですが未来は誰にも分かりません。今回の私がそうだったようにいつか必要になる時が来るかもしれないと思って、カードはまだ自宅に保管してあります。年会費も無料のようなので・・・。
皆さんに、バンクイックの金利以外の魅力を少しでも伝えられたかと思います。ですが、前にも書きましたが、いくら簡単に借りれるからと言って、無理な返済計画を立てて支払いに遅延してしまってはもともこもありません。あくまでも、一時的な資金繰りの悪化を乗り切るためだけに、そして自分が余裕を持って返せる分だけを融資していただくことを強くお勧めします。