バンクイックの魅力を総量規制の点から他会社の商品と比較する説明文です。

銀行系のカードローン、バンクイック。今回は銀行系カードローンの利点を、総量規制の観点から紐解いていきたいと思います。
貸金業法で決められている総量規制。総量規制は、キャッシング利用者を保護する目的で作られた規制です。貸金業者は総量規制を守らなければならず、この規制が貸し渋りの原因であるともされています。
さて、利用者の味方である総量規制。その規制内容は、貸金業者は利用者の年収の3分の1以上の金額を、貸し付けてはならない、というものです。例えば年収300万円の人が消費者金融を使い、融資を受けようとしたとします。この場合、貸金業者は年収の3分の1である、100万円を超える融資はできないのです。これは貸金業法で決められているもので、この法律により利用者は多額の負債を持たないように、守られているのです。
では、車のローンは総量規制に違反するのではないか、と思う方もいらっしゃるかもしれません。実は、これは総量規制には当てはまりません。
総量規制には例外と除外があります。不動産購入時、または改良のための貸付に関しては除外とされているため、車購入に際するローンは、総量規制を受けることはないのです。したがって、年収300万円の人が150万円で新車を買う際にローンを組むことができるのです。他にも緊急の医療費に関する貸付などは総量規制の例外となりますので、注意が必要かと思います。
ところで、今話題の銀行系カードローン、バンクイック。そのバンクイックと総量規制の関係はどうなるのでしょうか。
大事なことは銀行系のカードローンである、という点です。消費者金融のキャッシングでは総量規制が適応されるため、利用者が法律で守られていますが、銀行系のキャッシングの場合では、実は総量規制は適応されません。なので、利用限度額内ならば、年収に関係なく借りられるのがバンクイックの利点と言えるでしょう。
しかしながら法律による保護が無いということは、利用者は総量規制によって守られない、ということにもなります。この2点から考えると、バンクイックは諸刃の剣とも言えるでしょう。
この記事で、バンクイックのメリットとデメリットが少しは理解いただけたと思います。総量規制以外にもバンクイックの利点はあります。例えば消費者金融と比べて金利が安い点や返済方法が楽な点などです。バンクイックやその他カードローンの利用は計画的に行いたいところですね。