給与所得の高低にかかわらずに融資を受けられるバンクイックの魅力を説明。

カードローンの選び方は給与所得にも関係してきます。給与所得が低い人は多額の融資を受けられません。貸付できる金額には貸金業方で定められた総量規制という規制が関係してくるからです。
では総量規制とはどんなものでしょうか。総量規制とは、利用者の年収の3分の1以上を融資してはならないという規制です。これが何を意味しているのか。まず、無所得者層の人、特に専業主婦の方や、20才以上の学生等はカードローンを使えないということです。一般的に消費者金融では、審査の段階で利用者の給与所得がどれくらいあるかを確かめます。そのため収入証明書が必要になるのです。収入証明書は区や市から発行してもらう必要があったり、会社勤めの人の場合、源泉徴収票をそのまま貸金業者に見せる必要があります。そのため、手続きが煩雑に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
今では給与所得によって貸し付ける金額を決めるのは消費者金融業者だけです。銀行系のカードローン、キャッシングサービスの場合は、収入証明書が不要なものもちらほら見受けられます。
三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは、希望融資額が100万円以下の場合については給与所得がいくらだろうと関係なく審査をしてくれます。その理由は前記した総量規制と関係があります。銀行系のカードローンの場合は総量規制の対象外になっていますので、利用者の給与所得がいくらだろうと法律に違反した貸付がされることはなくなるのです。
総量規制対象外ということが、利用者層を広げることに繋がります。バンクイックの場合は、給与所得が無くても20歳以以上で旦那の許可を得ている専業主婦や、親の許可を得ている無収入の学生でも利用できる点が魅力となっています。
ところで、バンクイックを使い、もしも返済に遅延や滞納が発生してしまった場合、どういった対応を取られるのでしょうか。実は、UFJ銀行の系列になったアコムがその代金を肩代わりすることになっています。したがって、そういった場合には、バンクイックからではなく、アコム株式会社から督促状が送られることになりますので、注意が必要かと思われます。
消費者金融は怖い取立て方をするというイメージがありますが、バンクイックも、UFJ銀行の系列であるアコムも法令を遵守しているため、違法な取立てが無いということも知っておいた方が良いでしょう。