債務不履行時の体験談です。

私は先日急な入用で、バンクイックを利用しました。融資額は20万円程で、返済は毎月25日で契約しました。恥ずかしい話ではありますが、私は金使いが荒く、給料が入ったら真っ先に欲しい物を買ったり、贅沢をしてしまいます。したがって私が給料を使ってしまう前に返済にお金を充てなければ債務不履行に陥ってしまう可能性があるので、毎月25日という給料日に合わせた返済期日を設けたのです。金使いの荒い私には当然ながら貯えがありません。後先を考えないお金の使い方は、直さなければならないと痛感しました。
不幸には不幸が重なるものです。この前、私の勤めていた会社が急に倒産してしまいました。社長からの説明では、今月の給料は払えないとのこと・・・。これには本当に気が滅入ってしまいました。生活費も稼げず、その上債務不履行になってしまうなんて思いもよりませんでした。
25日になっても給料が入ってこなかったので、ついに資金繰りは再びショートしてしまいました。これから借金地獄を考えると、背中には嫌な汗が流れ、身の毛もよだちました。
それから数日経ったある日、融資を受けたバンクイックからではなくアコムから督促状が届きました。あれ、おかしいなと思いながらも書面を見てみると、債権がバンクイックの三菱東京UFJ銀行からアコム株式会社へ移行したことと、これからの返済について協議したいとの旨が記されていました。私は震えながらアコムへ電話をかけることにしたのですが、そこでの対応が印象的でした。
本当に利用者のことを考えた対応、とでも表現しましょうか。厳しい口調で迫られるのではなく、優しい口調で対応してくれたので、身の震えも収まり、債務不履行の理由や現在私が置かれている状況、さらには今後の返済計画まで、しっかりと話合うことができました。闇金のイメージから、厳しくてえげつない取立てが待っていると思っていた私は面くらっています。
定職を失ってしまった私は、現在アルバイトで生計を立てています。これまでと比べ著しく収入が下がった上に、借金を返済しなければならないので大変です。しかしながら、バンクイック並びに、アコムの債務不履行者への対応は悪質なものでは無いため、ひとまずは安心しています。バンクイック側も、私がもし自己破産を申請したら、持っている債権が不良債権になってしまうことを懸念しての対応だとは思いますが・・・。これからは債務不履行にならないよう、気をつけながら生活していきたいと思っています。